キントーンイークルーザー 組み立て

キントーンイークルーザーの組み立てについて

 

キントーンの電動バイク「イークルーザー(E-Cruiser)」は、初めは組み立てが必要になります。

 

 

組み立てと言っても、全てバラバラというわけではなく、ハンドルやペダルなどを組み立てるだけなので、時間はそれほどかからないでしょう。

 

必要な工具は付属されていますので、車やバイクなどをいじるのが好きな方や、自転車のパンクを自分で直せるような方は、組み立てにそれほど困らないはずです。

 

 

しかし、公道を走るものですしスピードも出ますので、組み立てや整備不良で、思わぬ大事故につながる可能性もあります。

 

ちょっとでも不安のある方、自信のない方は無理をせずに、知識のある方や自転車屋さんなどで組み立てもらうことをお薦めしますよ。

 

 

 

イークルーザー組み立て方法

 

 

イークルーザーの組み立て方法は、必要な工具はすべて揃っていますし、公式サイトでも動画での説明があるので、とても分かりやすいです。

 

 

 

ハンドルの組み立て

 

 

ハンドルを締める際は、付属の一番小さい六角レンチを使用してください。

 

 

 

 

固定金具を一旦外して、そこにハンドルをセットしてから、再度、金具を固定してください。

 

 

 

 

 

ある程度ネジを締め付けたら真ん中のマークに合わせてしっかりと締めつけを行います。

 

 

 

六角レンチを締める際は、いきなりギュッと固く締めるのではなく、まずは全体的に軽く締めてから最後に対角線上にしっかりと締め付け(増し締め)を行ってください。

 

 

 

一か所だけ最初から固く締めると、固定パネルが斜めになったり、他のネジがしっかりと締まらなくなる可能性がありますのでご注意ください。

 

 

クイックレリーズの装着

次に、クイックレリーズを取り付けます。

 

 

 

クイックレリーズとは、簡単に素早くタイヤ交換を行える機構で、主に競技用自転車などで使用されています。

 

 

クイックレリーズを通してネジで固定しますが、この際、強く締めすぎると固定しにくくなるので注意してください。

 

 

 

ネジを締めたら、レバーで固定します。

 

 

 

クイックレリーズを固定後は、ブレーキがしっかりと効いているか、必ず確認するようにしてください。

 

 

 

 

 

ペダルの取り付け

最後にフットペダルを取り付けていきます。

 

 

ペダルは付属のスパナで外れないようにしっかりと締め付けてください。

 

 

 

 

ここではイークルーザーの組み立ては簡単にしか紹介していませんので、実際に組み立てする際は取扱説明書をよく確認しながら組み立ててください。

 

 

また、組み立ての一連の作業は公式通販サイトでも動画で紹介されていますので、組み立ての際は是非そちらも参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

>>キントーンイークルーザーの予約はこちらの公式サイトから

 

 

 

 

↑ ページの上部へ