キントーンイークルーザー 激安

キントーンの電動バイク「キントーンイークルーザー」とは

セルフバランススクーターミニセグウェイや、電動キックボード、ライディングホイールなど、数多くの電動アシスト付き乗り物を販売し、そのどれもが大ヒットを続けているヒットメーカー、kinton(キントーン)から遂に電動アシスト付き自転車の販売がスタートしました。

 

 

それが、電動バイク

 

キントーンイークルーザー(Kintone E-Cruiser)です。

 

img

 

 

タイヤが太くて見た目もゴツい様にも感じますが、その分、他の電動アシスト付き自転車と比べものにならない驚きの機能がたくさんついています。

 

 

オシャレでスタイリッシュ、街乗りに最適な電動アシスト付き自転車をお探しの方にはピッタリですよ。

 

 

 

キントーンイークルーザーの主な特徴

 

 

キントーンイークルーザーの主な特徴は、

 

ステータス確認用液晶モニター付き

 

21段変速でお好みのギアで走行可能

 

最奥速度24km

 

大容量バッテリーで40km走行可能

 

軽くて丈夫なボディ

 

握りやすいグリップに、制御しやすいブレーキ

 

クッション性のあるタイヤ

 

などがあります。

 

 

 

液晶モニター

img

 

キントーンイークルーザーには、ステータス確認用の液晶モニターが標準装備されています。

 

これにより、バッテリー残量、速度、走行距離などが確認できるんで、いつでも快適に安心して乗ることができますよ。

 

もちろん、点灯するので夜間でも安心です。

 

 

クッション性のあるタイヤ

img

 

キントーンイークルーザーは4.0inchという、自転車にしてはちょっと太めのタイヤを履いています。

 

タイヤが太いと、乗りにくいのでは?走りやすいの?漕ぐのがきついのでは?などなど、不安に思う方も多いかもしれませんが、タイヤが太いほど安定した走行が可能で、衝撃も吸収してくれますので、街中の段差なども気にせずに走ることができます。

 

また、林道、雪道、山林など、オフロードでも走りやすく、パンクしにくいというのも助かります。

 

 

 

アルミ合金フレーム

キントーンイークルーザーのボディは軽くて衝撃吸収に優れたアルミ合金を採用しています。

 

電動アシスト付き自転車はバッテリーやモーターを積んでいるため、どうしても本体が重くなりがちです。

 

しかし、キントーンイークルーザーは軽量なアルミボディの為、大容量バッテリー&高性能モーターを搭載している割に重量は27kgに設計されています。

 

 

サスペンション機能

img

 

キントーンイークルーザーはサスペンション機能も付いているため、路面からの衝撃や振動を車室に伝わるのを防いでくれます。

 

いつでも快適に安心して乗ることができますし、本体にも優しい設計となっています。

 

 

ハンドル

img

 

右ハンドルには、電動アシストボタンやギアボタンが付いており、左ハンドルにはギアレバー、液晶モニターが付いています。

 

 

その他の詳細

img

 

制御しやすい油圧式ブレーキ、バッテリーにも残量確認用のランプが付いているので扱いやすい設計となっています。

 

また、ペダルも厚さ2.5cm、幅10cmありますので、どなたでも乗りやすく踏みやすい設計となっています。

 

 

キントーンイークルーザーのスペック詳細

img

 

img

 

 

本体サイズ 121cm × 187cm
タイヤ 26inch × 4.0inch
重量 27kg
走行距離 25~40km
充電時間 4~6時間
最高速度 24km/h
重量制限 85kg
ギア 右7段、左3段  21段変速
フレーム素材 アルミ合金

 

 

キントーンイークルーザーの使用上の注意

 

組み立てが必要になります

Kintone E-Cruiserは分解された状態で届きますので、最初に組み立てなければなりません。

 

本体には尖った部品などもありますので、2人以上での組み立てか、知識のある方、自転車屋さんで組み立てを推奨しております。

 

ですが、組み立てはそれほど難しいこともなく、必要工具もすべて揃っていますし。

 

公式サイトでは動画での組み立ての説明もありますので、是非、そちらを参考にしてください。

 

 

フルアシスト状態では公道で走れません

Kintone E-Cruiserは、電動アシストを作動している状態では公道を走ることはできませんので、ご注意ください。

 

アシストを作動させていない状態の時は公道を走ることができます。

 

 

ブレーキの調整は最寄りの自転車屋さんで

Kintone E-Cruiserは一般の自転車のブレーキと違い、油圧式ディスクブレーキを採用しています。

 

制御しやすい油圧式ディスクブレーキですが、調整には専門知識が必要となりますので、ブレーキの調整は知識のある方、又は、最寄りの自転車取扱店で行うようにしてください。

 

 

 

足が届かない方の使用はお控えください

転倒の危険があり、思わぬ事故につながる可能性がありますので、自転車にまたがった状態で地面に足が付かない方のご使用はお控えください。

 

 

以上、Kintone E-Cruiser(キントーンイークルーザー)の購入を検討されている方は、是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

>>キントーンイークルーザーの予約はこちらの公式サイトから

 

 

 

 

↑ ページの上部へ